日本の医療国際化を
ささえる私になる

グローバルヘルスケア財団が、平日夜の時間帯に医療英語を学べる集中講座を開催します。
6月5日(水)から週2回、全24回で医療英語の基礎から医療の現場で使う英語を学べます。

医療英語集中講座 受講生募集


受付で言葉が通じず戸惑っていたり、病状を伝えるのに苦労していたり。医療の現場でそんな外国人患者を見かけることはもう珍しいことではありません。

病院に英語を話せる医療スタッフがいたら、どれだけ多くの外国人患者が助かることでしょう。

英語を話せる医療スタッフになりたい、医療現場の国際化に役立ちたい、そんな夢を抱くのはあなただけではありません。そんなあなたの夢を実現しましょう!

レッスン内容
受付から問診、各診療科での診察など医療現場での様々なシーンで使う医療英語
日時
週2回(水曜日・金曜日)18:30〜20:30
前期:
6月5日、7日、12日、19日、26日、28日
7月3日、5日、10日、17日、19日
後期:
7月24日、26日、31日
8月2日、7日、9日、21日、23日、28日、30日
9月4日、6日
会場
貸会議室プラザ 八重洲北口
受講料
半期64,800円(税込、全12回)
前後期両方の受講も可能です。
ご注意
受講者数が若干名のみの場合、講座が開催できない場合がございます。その際は事前に連絡の上、返金いたします。何卒ご了承ください。
お申し込みはこちら

一般財団法人 グローバルヘルスケア財団

日本の医療の国際化を支援するため、国際医療英語検定(CBMS)を2011年から実施し、医療現場で使える医療英語の普及を進めている財団。

日本の先端ものづくり技術の健康医療領域への迅速な導入により、難病に苦しむ多くの患者様に一日でも早く治療法を届けること、また人類の健康医療水準の向上をめざすことを目的に事業を続けています。